出会い系サイトについて

これ見てたら
この前友人から聞いたこんな話を思い出しました。
出会い系サイトに『女』で登録したらしいんですがそのプロフィールがすごい…

あたい、17歳のはずかし乙女ですタイ。

…正気ですか?
あたい?ハズカシ乙女?ですタイ?
もはや疑問に思わなかったのは『17歳の』の部分だけですよ。全文の79パーセント以上に疑問と恐怖とその他いろいろな邪悪なる意思を感じますよ。
こんなプロフィールじゃ誰も引っかかんないだろうと思いきや即効で何十通も返事が来たそうです。
あなたはこれに返事しちゃうんですか?いちいち突っ込んでるときりが無いんで次へ

まぁその何十人もの勇者たちの中から選ばれた、一人の勇者に対して返信をして何日かメールを交換しました。相手の内容はなんかチャライ兄ちゃんみたいな感じだったらしいです。
そう、その恐怖の日が来るまでは…

何日かのメールの後、勇者の住んでいる家が知っている場所だったことが判明!
ついにこの技を使ってみました!
『会ってみませんか?』
するとどうでしょう、勇者からは今までの元気が嘘のように無くなっていきました。
『いや、おれ見た目とか良くないし…』
いきなり瀕死になっちゃいました。。。
まぁそこは何とか説得、会うことにしまして当日待ち合わせ時間になるとメールが来ました。
『どこにいますか?』なぜ敬語?もうだめなのか勇者よ…
すかさず、『近くにメール打ってる人いない?声かけてよ』
待ち合わせ場所は駅前です。メール打ってる女の人なら何人かいるでしょう。しかも余り大きな駅ではないので『どのひとですか?』と聞かれる心配も少ない


ああもちろん本人はいませんよ!危ないから

その直後怖くなった友人はすぐにメアドを変えたそうです…

一番いいところで…落ちが無いじゃんYO
ひとつダメだしすれば、『声かけてよ』じゃ無くて『何も言わずに後ろから抱きしめて』の方が面白いドラマティックですよね。
しかもメアド変えても明日の新聞に載るから、落ちも分かるしね。

でもほんとに事件の予感がするから実際にはやらないほうがいいと思いますよ。
京都府警がきちゃいますよ