DIY:修理も自分で。アップルやHPなどなど

sooooooooooooooooo

ソニーにとっては信じられない話かもしれない。

アップルコンピュータやHPはコンピュータの修理の一部をユーザに委託している。

壊れた箇所を電話などで受け付けて代わりの部品や工具などと一緒に送ってきてくれるサービスがあるそうだ。

メーカーが修理を受け付けることによって莫大な報酬を得ていないとすれば、コレはメーカーにとってもユーザーにとっても、
良いことなのではないだろうか?

メーカーに預けている間どのように仕事をするか、コレが悩みの種であったし、
メーカーも送料や人件費や何やらをもし莫大な利益を得ていないとすれば、浮かせることが出来る。

コンピュータがブラックボックスであった時代は解消しつつある。

メーカーが個人的な修理をさせないことには様々な理由がある事も分かるが、
それについてユーザに選択権を与えたことは画期的だと感じる。

他のメーカーもこのような選択権を与えてくれてもいいんじゃないだろうか?

修理において莫大な利益を上げているのでなければ。

『このラベルを絶対に剥がさないでください、有償無償に関わらず一切の修理をお断りします。』