妖怪人間:人間よりもなりたいもの

 bemebemebemebem

なんだか無性に妖怪人間をiPod風にしてみたいという衝動に駆られました。。

とりあえず、妖怪人間を見て感情移入しないといい作品は出来ないので、

第一話:恐怖の貨物列車

 

こんなに気持ち悪かったっけ?妖怪人間・・・

まぁ取り合えず見てると、、、気にかかることが多いなぁ

台詞が説明口調過ぎる、ベラの笑い声が妙に気に障る、ベラが怖い、ベラが気持ち悪い、ベラが卑屈、ベラが。。。

ああぁベラ姉さん怖いよあんた。

いいや、ドンドン見ましょう。。。

ベム『ベロ!あの車をつけろ。
あの車にはお前の好きそうな男のが乗っている。』

なんか危ないよ。その台詞。。。しかもベロその後池から助け出したときに

ベロ『このピーターって坊や、おいら気に入ったぞ。』

さらに危ない雰囲気です。。。

しかも、ピーターはおんぶで運ばれるのに、運転手は

 

足に縄

 

で引きずって運ばれてます。。。

ベロ・・・おじさんに興味ないからってあんまりだろ・・・

 

そして墓場へ・・・悪人に見つからないようにと墓の下まで連れて行きます。

骸骨にびびるベロ。ベラのほうが十分怖い

水を吐かせるのに、何を血迷ったか

 

棒切れ

 

を持ってきてご満悦です。

何をするのかと思ったら、その棒で腹をこすり始めました。。。なぜ?

普通に押せば?流石妖怪人間、動きが奇怪です。

そして助ける代償として、ペンダントを要求するベロ

結構アクドイナ

そして少し飛んで、悪人を乗せた車両を押して走らせます。そんなに質量の大きい物を果敢にも足ブレーキで止めようとする悪人女、
凄い根性です。

まぁそんなこんなで、事件は解決です。

いあぁ凄いアニメだ。第二話にも期待が持てそうです。。

チナミニ悪人の少年のジャムの声が初代ドラえもんと同じ声みたいです。ホントにあってるかは分からないけど、
目を瞑るとドラえもんの顔が浮かんできます。