台湾旅行記6 市場 -> 夜市

電脳外近くの市場へ

 

CIMG4209

市場?なんか物産展のようです

台湾各地の生産者が集まっていた模様

あくまで雰囲気ですが。

写真はキノコの業者。

揚げドンコとキノコのスープ

 

CIMG4206

写真撮り忘れたが、あまーーーーいフランクフルト

コレは悪いけどゴメンナサイをした・・・

 

ここの市場の人は現地語しか通じない。

それでも、何とか石鹸をうっているおばちゃんと価格交渉をしたり

お茶やの入れ方を聞いたりと、

どこの国でもおばちゃんはすごいなぁと、感心。

 

いったんホテルに戻り、晩飯はお茶さんへ

CIMG4211

やっぱり、ここも英語、日本語ダメ

お勧めのお茶を頼み、食べ物もいくつか頼む

 

お茶はポットになみなみ入ってくる。

ジャスミン茶のミルクティーや桜のにおいのするお茶などを

頼みみんなで交互に飲みながらかなりの時間

このお店でゆっくりする。

 

このものすごい雨が降り出す、レインコートをコンビニで装備し

臨江夜市へ

雨のせいか、あまりお店をゆっくり見れない。ちょっと残念。

店も台湾的という感じではなく、現地の若者が買いに来る様な感じ、アメ横

なので、士林夜市へ移動。

 

移動中のタクシーで果敢に運転手に話し掛けコミュニケーションを図る。

わかったのは士林までは遠いということ、遠→ユエンと読むことぐらい。

まぁ上出来。

 

で、士林到着。

さらに土砂降り。

もう買い物とか言うレベルじゃない。

何とかお土産のお菓子を買い。

 

MTRのイージーカードを払い戻す。

でさらに近くの市場に入り、散策。おなかがいっぱいなこともあり

適当にぶらつく。やっぱり臭豆腐臭い。

すでに午前1時、そろそろホテルに戻ろうとしたとき

カメラが無いことに気づく。

かなり焦る。ショック。あうあうあう

 

愕然としながら、ホテルに帰る路、保険の方法などを話しながらかえる。

でホテルにて保険の申請方法など調べているときに

 

 

 

バンからカメラ出てきた。

あ、お茶屋でポケットからバックにしまったんだ・・・

 

 

あうあうあ、保険の本を投げられた。

あうあう。

 

まぁあって良かった。

 

明日は5時起き、寝ないで起きていようということになったが、

2時ぐらいに無理なことに気づく。。。

 

明日は起きられるだろうか。。。