なべについて詳しく

チゲ鍋とともにダメージを受けた鍋は予想以上に被害が大きくもはや使える状況にありませんでした。

せっかくなので鍋を買い換えることに。

買い換えるならば情報収集しなければ。。。

 

とりあえずぱっと頭に思いついたもの。

 - マーブルコート<韓国>

   大陸製のすごいやつ、見た目は完全に石焼ビビンバの器 

  
金属ヘラが使えるはずなのにTVショッピングの人は底に金属が当たらないように恐る恐る調理してるのはなぜ

 - T-FAL<フランス>現在使用中
  
どこでも売っててしかも高級っぽいブランド品。

   値段はピンからキリまで。温度の見えるやつが底についてます。

- レミパン<日本>

  平野レミ考案の鍋

   蒸気の抜ける蓋!自立する蓋!

   最近は「土レミ鍋」なんてのもあるみたいですよ。金属ヘラ厳禁!

- サーキュロンスティール<香港?アメリカ?>

   チタンの体にフッ素の鎧。

   外面はステンレスのミラー仕上げ。

-フライパンダ<グッチ>

  ユウゾウ・グッチの生み出した最高傑作

  冗談なのか本気なのか、はたまた冗談なのか。

 フライ返しはものすごく使いやすいです。

-魔法のフライパン<日本-三重>

  唯一のフッ素未使用

  車で踏んでも大丈夫、錦見鋳造が作る高級品

どれにしようかといろいろ悩みテフロンについても情報の整理。

-テフロン

本当はテフロン®でデュポン社の商品名ようはフッ素加工したもの。

デュポン社に認定されないと"テフロン"の名前は使えない。


テフロンにはランクがありベーシックからプラチナプロまでの5段階がある。


http://www.teflon.jp/syuukai.html

ランク付け萌え。

 

とりあえず楽天で28cmの中華なべでプラチナプロのテフロンを採用しているものを検索。

いろいろ迷って買ったのがコレ。

 

 

ウルシヤマ金属工業の匠技シリーズ28cm炒め鍋

アルミ鋳造のボディにテフロンプラチナプロ取っ手は天然木。

定価は5800円。

なかなかの価格。。。

気づいたときにはポチってました。

 

で届いたのが今日です。

 

 

20080216-20080216-DSC_0088 

匠技シリーズ

 

20080216-20080216-DSC_0089

プラチナプロの勲章

 

20080216-20080216-DSC_0090

まわりは鏡面仕上げです。

 

早速使ってみた感想。

さすがに28cmだとアルミでも結構な重量。

炒め鍋なので今までの中華なべに比べると浅いのでカレー作るのに量が作れなさそう。

テフロンなので焦げ付かない。

 

新品のテフロンはどれも焦げ付かないので長期に使ってプラチナプロの真髄を確かめようと思います。

まぁ満足の行く買い物でした。

 

ありがとうウルシヤマ金属工業。