伏見稲荷

晴れているのに空からは雪。

お稲荷様だけに狐の嫁入りにであいました。

 

もう、こう、ぶわぁーっ と鳥居なんですよ。

20080301-20080301-DSC_0016

よもや、こんなにすごいとはおもわなんだ。

 

鳥居があるのは少しの距離だけかと思っていたら山中の社を巡る道のほとんどが鳥居だなんて驚きです。

どこを歩い ても鳥居だらけ、

20080301-20080301-DSC_0049

山の中にも鳥居

20080301-20080301-DSC_0061

猫の後ろにも鳥居

20080301-20080301-DSC_0065

 

鳥居の上にも鳥居

20080301-20080301-DSC_0066

寝ている鳥居

 

一周を2時間ぐらいかけてまわる。久々の山散歩だけど階段なので特に問題なし。

途中犬づれの人を何人も見かけたけど、お稲荷さんは犬は嫌いなんじゃないかなぁと少し心配です。

 

 

お稲荷様は稲というぐらいで豊作の神様であるらしく穀物を荒らすスズメが神社までの道なりに売っていました。

 

 

串焼きですが。

 

20080301-20080301-DSC_0107

 

まんま鳥です。

ここまで鳥鳥してなくても、、、と思うぐらい鳥でした。

頭から全部食べられますよといわれたが、、、頭だけは。。。難しい。

骨ばっていてあまり好きではないなぁ。

 

稲といえば倉、倉といえば高床式ですが、なんとなく神社の建物に似てるようなきがした。

稲荷の名前と稲をしまう倉、何か関係があったんだろうか。。。