Safesync 利用した感想

 - 専用クライアント
  = 表示が重く操作が快適でない
  = アップロードの速度が遅い(一般のWebdavクライアントとを使ったときに比べ)
 
 - 同期
  = 専用クランアントだけで同期している場合は問題は出ていない
  = ファイルを置いた時点で同期が始まっている・
  = 一般のWebdavクライアントツールを使ってファイルをアップロードすると
    同期時に競合が発生する。

   ex. 
    1. Webdav tool 
       Local         Safesync
          /F: ------> /F(webdav)
               copy

    2. Safesync tool
       Local         Safesync
          /F: ------> /F(webdav)
               sync

    #sync中にファイルの競合エラーが出る。
    #同期設定前にLocalとSafesyncのファイルに違いのないことは確認済み

 - 速度
  = アップロードは100-200KB/secぐらい 
    ※Webdavクライアントを使えばそれなり(専用ツールの5〜10倍)の速度がでる
  = ダウンロードは200-300KB/secぐらい

 - 感想
  = 頻繁にファイルのやり取りをするのはストレスを感じる
  = ファイルサーバのバックアップ用途なら問題はない感じ
  = ファイルの同期問題は解決策を検討中(なぜ競合判定されるのか)