炭酸ガスボンベ(ミドボン)を使ったソーダ水製造システム

ソーダサイフォンはガス代が高いので、ミドボン(居酒屋とかにあるビールサーバ用の炭酸ガスボンベ)を使ってソーダ水を作るシステムを作ってみた。

参考にさせていただいたのは
http://web.t-factory.jp/nicotech/?p=121
この<たろう>さんのブログ

上記のブログ読んでもらえれば、誰でもできるようにはなっているのですが自分用のメモとして。


○必要な部品

  • ミドボン
    • 炭酸ガスの入ったボンベ
    • 酒屋さんなどで貸してもらえます。
    • 今回はカクヤスさんにて7300円程度(5000円の保証金込み)で配達してもらいました。


  • レギュレータ(今回買ったのはアサヒのレギュレータ)
    • ミドボンからのガス圧を一定まで下げるための道具
    • ヤフオクなどでビールサーバ用のレギューレータがたくさん売ってます。
    • ミドボンのガス圧は6Mpaなのでそのままペットボトルにガス入れると爆発する(はず)
    • 炭酸ガス用ペットボトルの規格上の圧力は0.6Mpa程度までの様子

  • レデューサ PISCO PGJ8-4 (写真ではレギュレータに装着済み)
    • レギューレータの2次側(ペットボトルをつなぐ方)の口は8mm経のチューブが接続できるようになっている
    • 今回は4mmで統一してあるので、経を変換するために使う
  • ライトカップリング(マイクロカプラ)プラグ PISCO CPPE3-4 (写真左側)
    • ガスホースをペットボトルに接続する際の金具
    • 下で説明するマイクロカプラソケットとカチッと着脱できます。
    • このプラグには弁がないので栓開けてるとガスダダ漏れです。
  • マイクロカプラソケット MC-05SM(写真右側)
    • これをペットボトルキャップに取り付けます。
    • こいつには弁が付いているので、ガス注入後チューブを外しても中のガスは保持されます。
    • これをいっぱい買っておくと一度にたくさんソーダが作れます。

  • M5ナット
    • マイクロカプラソケットとキャップを取り付ける際に使用します。
    • 今回はコーナンにて1個6円
  • 耐圧チューブ
    • ボンベとペットボトルをつなぐチューブ
    • 今回の構成では0.4Mpa程度かかるので、この圧力に耐えうるチューブを選んでください。


  • 耐震ベルト
    • ボンベが重いのと、倒れたときにレギューレータが壊れてガスが漏れ出すのを防ぐため
    • 棚などにボンベを固定するために使用
    • なくてもソーダづくりには問題なし


○必要な工具

  • レンチ 30mm
    • ボンベにレギューレータを取り付ける際に使用
    • ちゃんと取り付けないとガス圧でレギュレータが飛んできて超危険
  • ラジオペンチ
    • マイクロカプラソケットをキャップに付ける際に使用
  • 千枚通し
    • キリでも大丈夫
    • キャップに穴をあける際に使用

○システム構築手順

  • レギュレータにレデューサを接続
    • そのまま押し込んでも入らない。レギュレータの2次側の出っ張りを押すと穴の中が広くなる作りになっている
    • 出っ張りを押しながら挿し込む
    • 差し込んだらレデューサを引っ張って簡単に抜けないことを確認
  • レデューサにチューブを取り付け
    • レデューサの2次側もレギュレータと同じく出っ張りを押すと中が広くなる構造
    • こちらも簡単に抜けないことを確認
  • チューブのもう一方にライトカップリングを接続
    • こちらは1次側(ボンベに近い方)の口に出っ張りがあるので出っ張りをおしながらチューブ取り付け
    • 簡単に抜けないことを(ry

  • キャップの準備
    • キャップの中央に穴を開けマイクロカプラソケットを取り付けます。
    • ナットは直接ソーダ水に触れるので、ステンレス製のものを購入し事前に洗っておくと良いかも



  • レギュレータをボンベに取り付け
    • レギュレータの栓が閉まっていることを確認しボンベと接続
    • しっかりレンチで締めること


以上で、ソーダづくりマシーンの構築は終わり


○ソーダを作る

  • ソーダにしたいものを冷やしておく
    • 冷たいほうが良くガスが溶けるので強炭酸ができる
  • ボトルにソーダにしたいものを入れる
    • キャップを締める前に中の空気を抜いておく(写真参考)


  • チューブとボトルを接続
    • カチッと正しく接続されたことを確認
  • ガス注入
    • ボンベの栓を開けゆっくりレギュレータの栓も開けてゆく
    • ガスが入ったらボトルをよく振る
    • この際にタオルなどでくるんでおくともしもの際(ガス漏れ、液漏れ、キャップ飛び、ボトル破裂)に多少は安全かも
  • ソーダ完成
    • よくできました。
    • 冷蔵庫で寝かせておくとよりガスが溶けます


○感想

  • ソーダサイフォンよりも強い炭酸ができた(口の中がビリビリするほど)
  • めんどくさそうだけど、道具揃えればものすごく簡単に作れる
  • ジュースも簡単にソーダになる
  • 洗顔とか風呂とか普通勿体無くて使えないことにもガンガン使える
  • 重曹式の炭酸と違って水の味が変わりにくい
  • ボトル内で圧力を発生させる仕組みではないので、予期せぬ破裂などは少ないような気がする

[asin:B001F93MVY:detail]

[asin:B0010WOLZC:detail]