[メモ]Tシャツのオリジナルデザイン

Tシャツを作るとするといろんな方法がある。

  • シルクスクリーン(Tシャツ君とか)
  • インクジェット+アイロンプリント
  • 手書き
  • パッチワーク、刺繍
  • ステンシル

シルクスクリーンは機械が高いのと感光させるスクリーンも高いので悩み中。
インクジェットは洗濯への耐久性と価格が疑問
手書きは技術力不足
パッチワークも同じ


そこで、ステンシル。
シルクスクリーンの価格面をクリアし、なおかつTシャツ用インクで洗濯への耐久性もクリア。
しかも型を作っておけば、簡単に複製も可能。


ということで、ステンシルによるTシャツの作成をしてみる。

以下次回のために必要な道具をメモ。

  • Tシャツ君用インク(RISOのやつでもOKっぽい)
  • ステンシル用筆(布用)
  • 型(アクリル板)

型は使用後の洗浄を考えるとアクリル板がよさそう。

型と布は隙間があると絵柄の輪郭がぼやけるので、布用スプレーのりで型としっかりくっつけてからステンシルするのがよさそう。

型は、、、レーザー加工機で作れば簡単にできそう。
加工機無いので、今回はどこかにオーダーしよう。