Fitbitを半年使ってみて思ったこと

■デジタル世代の万歩計Fitbit oneを半年使ってみた感想など
Fitbitとは高機能の活動量計測器で日々の運動量と睡眠のレベルを測定し記録することができる。
http://www.fitbit.com/

大体Amazonで9000円前後


よく似た製品にはNikeの"Fuelband"や jawboneの"up"などが同じ活動計

■上記の2製品と比べてなぜFitbitだったのか。
Fuelbandとupはともにリストバンド形で、時計との兼ね合いやスーツのときなど身に着けるシーンをある程度選ばないといけない。
Fitbitはその点で、いままでの万歩計とよく似た形、装着方法でいつでも身につけていられるという点が大きかった。

Jawbone UP
https://jawbone.com/up

Nike Fuelband
http://www.nike.com/us/en_us/c/nikeplus-fuelband

■このFitbit [one] 何ができるのか?

  • 自動で測れるもの
    • 歩数
    • 消費カロリー
    • 階段昇降階数
    • 睡眠計測[睡眠の深い浅いを計測]
      • 睡眠前にボタンを押す必要あり
  • 自分でログをつけることで記録できるもの
    • 摂取した食事
      • 食事の内容とそのカロリー、栄養素まで細かく記録
    • アクティビティ
      • ジョギングやサイクリングなどの歩く以外のアクティビティを記録
    • 摂取水分量
    • 体重/BMI
  • その他
    • サイレント目覚まし
      • バイブレーションで目覚まし

もちろんiPhone アプリで同期しFitbitのサーバへ記録を保存し続けることができる。
充電は専用の充電器で行い、大体1週間は充電が持つ感じ。

■記録したデータについて
記録したデータはiPhoneとFitbitのページで表示される。

ただ歩数の記録だけではなく、時間ごとの歩数の分布がわかるのでどの時間に活動が多かったのか
ライフログとしても眺めるだけで面白い。

また、ユーザグループや友人機能があり、距離や活動などのランキングをつけることもできる。

さらに、最近流行の実績解除のバッジ機能も活動の励みになる。

■これは買いなのか?
ログ好きは必ず楽しめる。
Google LatitudeGPSログとあわせて時間ごとの活動量などを見ていくと、どこでどのくらい動いたのかがよくわかる
iPhoneとあわせて持てばかなりのライフログを手に入れることができる。
昨日、先月、去年のログを見ながら思う存分ニヤニヤしてください。