ミーレの食洗機を使ってみて

ミーレの食洗機 G6100SC を1月に導入した。
65cm幅のミーレ食洗機最新モデルの中では一番安いやつ。
http://www.miele.co.jp/domestic/dishwashers-2510.htm?mat=09665900&name=G_6100_SCi_JP


■機器選定 [フロントオープンか引き出し式か]
国産モデルは引き出し式がほとんど。
メーカーショールームでも色々話を伺ってみたが、フロントオープンは人気がないとのこと
※水が垂れるとか、屈まないといけないとかそんなに大容量は求められてないとか。

たくさん入る食洗機が欲しかったので60cm幅のビルトインのみを検討
日本で販売している大型の食洗機は殆ど無いので国産での選択の幅は殆ど無い

※個人的にフロントオープンの人気がないんじゃなくて、良さを伝えきれてないんじゃないかなと



■機器選定 [メーカー]
国産モデルのフロントオープンはモデル更新がされていないのとデザイン的に外した
また工務店経由で買う際にフロントオープンモデルはほとんどでないので割引率が微妙という点もネックになった
残りで近くで実物見れるのは以下の3つぐらい
・ガゲナウ
・ミーレ
・アスコ


値段と日本での情報の多さ、また、ちょうど最新モデルが発表などからミーレを選択


■モデル選定
ミーレの中でもピンきりで、自動で蓋が開くとか、ノックでオープンするとか洗浄モードの多さとかいろいろあるが
洗浄モードなんてそんなに使い分けずにいつもフルパワーで使ってしまうと思うので一番安いG6100を選択
このモデルでも75℃洗いモードが付いている。
スペック的には14人分の食器が洗えることになっている。
コレについては大きすぎないかという意見もあったが実際にはそんなことはなかった(後述)


■使ってみて
今までは象印の"ミニでか食洗機 BW-GD40"を3年ほど利用していた。


・汚れ落ちについて
55℃の標準モードでほとんどの汚れが落ちる
驚いたのは 念入りの75℃を使うと パエリアを作った米のこびりついた鍋も綺麗になることだ
食洗機って結局事前に洗ってから入れるんでしょ?と思っている方にその認識は間違っていると伝えたい。
※大きな食べ残しはもちろん入れてはいけないが。


・時間
標準で2時間ちょっと、念入りで3時間
象印の時は2時間かからなかったので少し長くなった印象だが、そもそも立て続けに回すものではないので
全く問題はない。


・動作音
カウンターキッチンでリビングにあるが、動作中にもTVをみていて音量を上げる必要はない
壁を隔てた部屋では動作音は聞こえないほど。


・容量
14人用とのスペックだが、現状夫婦2人で使用している
オーバースペックのように見えるが以下のように運用中
朝食の食器と朝食に使ったボウルやザル、フライパンはそのままシンクのすみに重ねておく
昼食の弁当箱、夕食の食器、夕食のフライパンやお玉、鍋などをまとめて夕食後に食洗機へ入れる
コレでちょうど70〜80%ぐらいが埋まる形になる
大皿4枚、小皿10枚、コップ4つ、箸6膳、スプーン、フォーク4本、鍋1個(28cmのSTAUB)、フライパン2個、ザル1個、ボウル2個
1日一回でいいのと、余裕があるので詰めるのに何も考えないですむのが大きな利点


・乾燥
ミーレには温風乾燥機能は付いていない
象印の時にも温風機能は使っていなかったのでこの点はあまり気にならなかったが特に夜中に回して、翌朝食器がびしょびしょということはない。
ミーレの説明では、庫内の内側の金属部分が冷やされてここに水蒸気が結露して庫内の湿度を下げて乾燥させているらしい。
もちろん完了後にドアを開けておけばよりよく乾く。
家では、リンス剤を1mlのみ使用して、翌朝まで扉したまま放置しているが、糸切りに水が溜まる程度でその他はよく乾いていると思う。


▪4ヶ月使ってみて
食器の片付けのことを考えて料理をすることがなくなった。
いつもなら、これ汚れるから小さな皿で食べようとか、ボウル汚れるから今日はこのメニューやめようとか考えることもあったが
今は全くない。
使いたい皿をいつでも使い、ベストの調理器具で調理ができる。
食洗機は食器を洗いが楽になる以上の喜びをあたえてくれる家電だと思う。
ただし、中途半端なサイズ(7人用とか)ではこの喜びは感じることはできないと思う
なんでも気にせず一度で洗うことのできる大型の食洗機が食洗機の最大の利点をあたえてくれるはずだ。


ぜひ国産のメーカーでもフロントドアの大型食洗機を作って欲しい。
正直ミーレは最高だが値段も高い(もちろん値段以上の利点は感じてはいるが)
この値段で本当の食洗機を諦めてしまっている人がいるのはとても悲しいことだと思う。
パナソニックさんお願いします。